somemo's diary

プログラマ、雑記、プログラミング関係はLinkから、数式はこっちでまとめていることが多い

【転職】ハロワ行ってきた【就活】

いってきました。覚えておいたほうがいいことだけをまとめておきます。

失業給付手続き

会社を辞めると失業給付をうける資格があります。最寄のハロワに行って手続きをします。

ハロワにも市役所などと同様に出張所のような場所がありますが、この手続きは出張所で受けられないことがあるので気をつけましょう。

手続きに必要なもの

雇用保険被保険者証が必要になります。退職から10日ほどで届く資料に含まれていると思います。

また、手続きには顔写真つきの証明書が必要になりますので、免許証やパスポートを持っていない自分は住民基本カードを作りました。免許証より証明書としてのランクは落ちますが、十分に使える範囲ですし、発行手続きも簡単です。

給付期間

給付期間は3ヶ月です。給付開始は退職理由によって異なります。会社都合の場合、申請が通るとすぐにもらえるようです。自分は自己都合だったので申請がとおってから3ヶ月たってからの給付になります。

給付額

給付額は、働いていたころの直近の自己都合は、会社都合の半分だそうです。自己都合の場合、制限があります。次項を参照してください。

仕事の探し方

ハロワで会社を紹介されますが、紹介された会社に必ず就職する必要はないようです。自分は転職エージェントを使って探しています。ただし、自己都合の場合は申請が通ってからの1ヶ月のうちにハロワ以外の会社に就職すると給付金がもらえないようです。1ヶ月目に内定が出ても、入社日を2ヶ月目からにしましょう。

認定日

こちらも都合問わず参加しなくてはなりません。給付の認定になるので、参加しない場合は給付されないです。

説明会

会社都合、自己都合問わず1ヶ月目にハロワの説明会があります。これに出席する必要があります。これは都合が悪ければ、別の日に出てもいいそうです。

給付までに就職できなかった場合

給付される月に1度、ハロワに行って給付金を受け取ります。給付期間の3ヶ月すべて受け取りに行く必要があります。この受取日をずらすことができないそうです。

給付までに就職できた場合

給付金を受け取ることはできますが、5割ほどになるようです。手続きは郵送のみであり、手続き時に記入する金融機関に送金されるようです。

まとめ

エンジニアは自己都合による退職が多いと思います。給付より、いい環境で働けることが一番ですが、そういかないときには、手続きしておくといいでしょう。