somemo's diary

プログラマ、雑記、プログラミング関係はLinkから、数式はこっちでまとめていることが多い

【Twitter】アプリの登録と必要な設定

botを作ってみようと思ったので、はじめました。

bot用アカウント

bot用アカウントを作成し、このアカウントにつぶやいてもらいます。

アプリの登録

以下の手順で登録します。

  • サイドメニューの一番下にあるリンク集の中から開発者リンク(https://dev.twitter.com/)を押下する
  • Create an appリンク(https://dev.twitter.com/apps/new) を押下する
  • ユーザネームとパスワードを入力し、ログインする
  • アプリケーショント登録画面で下記項目を入力する
    • アプリ名
    • アプリの説明
    • アプリを提供するサイトのurl(とりあえずblogのurl)
    • コールバックurl(認証後の戻り先、とりあえず空)
  • 同意して、キャプチャを入力後、Create your Twitter applicationボタンを押下する(2つ入力して、間に半角スペース)

完了すると、アプリの詳細が表示されます(Detailタブ)。アプリケーションを削除する場合、Deleteタブから行なってください。

コンシューマ

今回は必要ないですがメモしておきます。登録したアプリを不特定多数のユーザが使用するときに必要になります。アプリ詳細画面から下記の2つの内容を控えておきしょう。

  • Consumer key
  • Consumer secret

どちらもAPIを呼び出す際に使用します。keyは、アプリケーションIDです。secretは、keyを特定するための秘密鍵です。これらと、以下の値を用いて行う認証・認可などについては参考を参照してください。

  • Request token URL
  • Authorize URL
  • Access token URL
  • Callback URL

コンシューマに関する値をリセットするには、Reset keysタブから行なってください。

アクセス

これはアプリがTwitterに対して行なえる操作(API呼び出し)の種類をしめしています。修正は、Settingsタブから行なってください。

まずは、登録したときにはRead Onlyになっていますので、これをRead and Writeに変更します。これによって、ツイートおよびフォロワー/フレンドの取得以外に「ツイートする/フォローと解除」などが行なえるようになります。

つまり、定期的につぶやいたり、プロフィールに特定のキーワードもつユーザをフォローするようなbotであればWriteもできないといけません。

自分用のトークン

botのようにアプリを使用するユーザが1つしかない場合、コンシューマで述べた認証や認可といった処理が不要です。よって、Twitterに対するトークンを直接あつかいます。

以下の手順で取得します。

  • アプリの詳細画面の一番下にあるCreate my access tokenボタンを押下する

押下後、ボタンの上に下記項目が表示されます。

  • Access token
  • Access token secret
  • Access level

Access levelはアクセスのときに変更していれば、Read and Writeになっているはずです。これから、上2つの値を使って自分専用のアプリを作っていきます。

参考