somemo's diary

プログラマ、雑記、プログラミング関係はLinkから、数式はこっちでまとめていることが多い

【ブラウザ】スマートフォンアプリ用にインストール【safari】

タイトルどおり、インストールしてみました。Appleが提供しているブラウザだったんですね。知りませんでした。

ダウンロード

http://www.apple.com/jp/safari/download/からダウンロードするだけです。バージョンは5.1.5です。

インストール

ダウンロードしたファイルを実行するだけです。以下、ブラウザの基本的な設定と開発に必要な設定をします。

Top Sites

インストール完了後、Top Sitesが表示されます。立体的にするためか、下敷きを曲げたような見せ方になっています。(凝ったつくりになっているんですが、表現できないorz)

ここに登録されているサイトがアドレスバー直下にもあるので、よく使うサイトを登録するといいでしょう。

アドレスバー

他のブラウザにもあるアドレスバーです。違う点は、近くにRSSフィードを見るためのボタンが存在しています。RSSリーダーには登録していないサイトに、どんな記事があるかを見るためにはとてもいいと思います。

検索バー

他のブラウザにもある検索バーです。ショートカットがFirfoxと同じC-kです。

更新

こちらもFirfoxと同じC-rです。Firfoxでも最近知ったのでとても重宝しています。

設定メニュー

右上にある歯車のアイコンです。ここから各種バーの表示設定を行えます。バーには、以下の4つがあります。

  • メニュー
  • ブックマーク
  • タブ
  • ステータス

メニューバーを表示するようにすれば、基本的に行いたいことはできそうです。色々試すには量が多いので、必要に応じてみていくのがいいと思います。

ブックマークは最初から表示されています。表示したままでも特に問題はないですし、よく使うものは近くにあったほうがいいのでこのままにしています。

タブバーは必須ですね。ウィンドウがたくさん表示されるのは勘弁です。firefoxのようにグループ化できるかはまだわかっていません。タブに関するショートカットは、だいたいfirefoxと同じです。

ステータスバーはリンク内容を簡易に確認するために必須だと思います。

拡張機能

メニューバーのヘルプからsafari拡張機能を選択すると、Apple - Safari - Safari Extensions Galleryがポップアップ表示されます。ここからいろいろダウンロードできそうです。

各種設定

右上にある歯車のアイコンを押下して、設定を選択するとダイアログが表示されます。よく使いそうなので、ショートカットがC-,であることを覚えておくとよさそうです。また、以下の設定ができます。

  • 一般(ホームページが初期表示)
  • 表示(フォントやエンコーディング)
  • ブックマーク/li>
  • タブ
  • RSS
  • 自動入力(フォームの入力値など)
  • セキュリティ(詐欺サイトやScript関連)
  • プライバシー(Cookieや位置情報)
  • 拡張機能
  • 詳細

プロキシ

後で絶対ぐぐりなので、メモしておきます。詳細設定のプロキシの隣にある設定を変更ボタンから設定を変更できます。IEと同じダイアログが出てきました。

開発メニュー

詳細設定の「メニューバーに開発メニューを表示」チェックボックスにチェックを入れます。文字通り、メニューバーに開発の文字が表示されるようになります。その中にある使いそうな機能を上げてみました。

  • ページをこのアプリケーションで開く
  • ユーザエージェント
  • Webインスペクタを表示
  • エラーコンソールを表示
  • Javascriptデバッグを開始/中止
  • キャッシュを無効にする
  • Javascriptを無効にする

Web開発には欠かせない機能が用意されています。ショートカットがないものが多いのでちょっと残念(特に、F12一発で表示できないところ)ですが、ユーザエージェントの変更がデフォルトで用意されているのはすばらしいですね。これを利用すれば、iOSの試験が擬似的にできるようです。ようやく本題を解決できました。

かざぐるマウス

おまけ:safariでも問題なく動きます。