somemo's diary

プログラマ、雑記、プログラミング関係はLinkから、数式はこっちでまとめていることが多い

【Eclipse】DBViewer

EclipseでDBを閲覧・操作するためのプラグインDBViewerのインストールメモです。

インストール

たぶん、デフォルトでインストールされていました。インストールされていない場合、インストールしたEclipseのバージョンごとのデフォルト?インストールサイトからインストールできると思います。

設定

  1. ウィンドウタブからパースペクティブのその他を選択する
  2. DBViewerを選択する
  3. エクスプローラのDB・ツリー・ビューを右クリックし、登録を選択する
  4. データベース定義名を入力する
  5. ファイルの追加ボタンを押下し、JDBCドライバーを追加する
    1. MySQLの場合、http://dev.mysql.com/downloads/connector/j/からダウンロードする
    2. DBViewerを選択する
    3. Oracleの場合、
    4. Oracleインストールしているならば、C:\Oracle\product\10.1.0\Db_1\jdbc\libに存在するojdbc14.jarを追加する
    5. 上記のファイルがない場合、http://www.oracle.com/technetwork/database/features/jdbc/index-091264.htmlからダウンロードする
      (oracleのバージョンは、select * from v$versionで確認できます)
  6. 接続文字列を入力する
    1. MySQLの場合、jdbc:mysql://<host>:3306/<database>
    2. Oracleの場合、jdbc:oracle:thin:@<host>:1521:<sid>
    3. <と>は消去して入力しないとエラーになります。
  7. 接続ユーザと接続パスワードを入力し、テスト接続ボタンを押下して接続できれば完了です

使い方

登録した接続先に接続します。DBの構造がツリー上に表示されるので、使用したいオブジェクトを選択します。

SQLの履歴や、SQLエディタ(補完付き)もあり、とても便利です。

問題点

データグリッドで1レコード編集すると他のレコードにも影響が出てしまう。MySQLOracle両方です。