somemo programming etc.

プログラマ、雑記、プログラミング関係はLinkから、数式はこっちでまとめていることが多い

【Redmine】チケット登録までの流れ

チケット登録するには以下の手順が必要です。それぞれの設定方法メモしておきます。

  • ロールと権限
  • トラッカー
  • チケットのステータス
  • チケットの優先度
  • ワークフロー

ロールと権限

役割(ロール)とその役割が実行できる操作(権限)を設定します。

  1. 管理からロールと権限を選択する
  2. このロールにチケットを割り当て可能にチェックを入れる
  3. 権限の中から実行できる操作を選択する
  4. 作成ボタンを押下する

トラッカー

チケットの目的を設定します。WEB開発であれば、設計や製造、試験、バグ修正などがあると思います。

  1. 管理からトラッカーを選択する
  2. 新しいトラッカーを作成を押下する
  3. 名称を入力し、チケットをロードマップに表示するにチェックを入れる
  4. 作成ボタンを押下する

チケットのステータス

チケットのステータスを設定します。トラッカーの例「バグ修正」では、未着手や着手中、確認中、手戻り、完了などがあると思います。

  1. 管理からチケットのステータスを選択する
  2. 新しいステータスを押下する
  3. 名称を入力し、必要であれば終了したチケットやデフォルト値にチェックを入れる
  4. 作成ボタンを押下する

チケットの優先度

チケットの優先度を設定します。緊急、高、中、低などの優先度があると思います。

  1. 管理から列挙項目を選択する
  2. チケットの優先度の新しい値を押下する
  3. 名称を入力し、有効にチェックを入れる
  4. 作成ボタンを押下する

ワークフロー

チケットのステータス変更をロールごとに設定します。

チケットのステータスの「バグ修正」では、トラッカーの例「バグ修正」では、以下のような設定があると思います。

  1. 未着手から着手中
  2. 着手中から確認中
  3. 確認中から手戻り(バグが修正されていなかった場合)
  4. 確認中から完了
  5. 手戻りから確認中(手戻りったバグの修正終わった場合)

ワークフローの作成は、以下の通りです。

  1. 管理からワークフローを選択する
  2. ワークフローを編集するロールとトラッカーを選び、編集ボタンを押下する
  3. 現在のステータスから、移行したいステータスのチェックを入れる
  4. 保存ボタンを押下する

チケットの登録

チケットの登録は、以下の通りです。

  1. 任意のプロジェクトの新しいチケットを押下する
  2. トラッカーを選び、題名や説明を入力する(textile形式で入力できます)
  3. ステータス、優先度を選択する
  4. 作成ボタンを押下する(作成前に確認したい場合、プレビューを見てください)

チケットの確認

任意のプロジェクトのチケットを押下すると、チケットの一覧を見ることができます。

これでRedmineでプロジェクト管理がとりあえずできるようになりました。