somemo programming etc.

プログラマ、雑記、プログラミング関係はLinkから、数式はこっちでまとめていることが多い

【Emacs】エディタとして、LISPの考え方を学ぶため

第二のエディタとしてEmacsを選択しました。

今までは、サクラエディタを使っていたんですが、というより・・・なんかUNIX系エディタって憧れますよね!

vimでもよかったんですが、モード切替がめんどくさいなぁとviを使っていて感じています。CtrlキーとMetaキーを多用するEmacsを使うことで指が痛くなるようであれば考えます・・・。それ以前にブラインドタッチあんまりできませんけどね。

あとは、タイトルにも書きました「LISPの考え方を学ぶため」も1つの理由です。関数型言語ってどんな利点があって、それを今後に生かせたらいいなくらいです。学びたい言語の1つであるrubyにもつながればいいなと思います。

以下の本を参考に、エディタとしてはまず忘れて、便利に使うことを意識してがんばります!

Emacsテクニックバイブル ~作業効率をカイゼンする200の技~Emacsテクニックバイブル ~作業効率をカイゼンする200の技~
(2010/08/03)
るびきち

商品詳細を見る

正誤表:『Emacsテクニックバイブル ~作業効率をカイゼンする200の技~』正誤

Vimを使いたくなったらこっち買うかも。最近発売されたみたいですし、発売された順が逆だったらVim使いになっていたかもしれないです。

Vimテクニックバイブル ~作業効率をカイゼンする150の技Vimテクニックバイブル ~作業効率をカイゼンする150の技
(2011/09/23)
Vimサポーターズ

商品詳細を見る