somemo's diary

プログラマ、雑記、プログラミング関係はLinkから、数式はこっちでまとめていることが多い

【git】git・github設定とgithubにリポジトリ作成

gitとgithubの設定および、リポジトリ作成をします。

gitユーザ設定
ここで入力する値がコミット等を行ったときにログに記載される情報になります。
名前とメールを設定します。

$ git config --global user.name "任意の名前"
$ git config --global user.email mailAddress

設定の確認
下記コマンドを実行し、入力した名前が表示されることを確認します。

$ git config キーの名前(user.name または user.email)

変更したい場合、初回と同様に入力することで変更できます。

ちなみにconfigのヘルプを見る場合には、下記コマンドで確認できます。

$ git config --help
file:///C:/Program%20Files/Git/doc/git/html/git-config.htmlが表示されたはずです。

githubトークン設定
githubでもsshを使わないツール・機能があるみたいなので、そのためのトークンを設定します。

githubの“Account Settings” から “Account Admin.”を押下します。
Your API token is のあとの半角英数字をコピーします。
git bushで下記コマンドを実行します。

$ git config --global github.user githubのアカウント
$ git config --global github.token コピーしたトークンの値

※パスワード変更時は、このトークンが再作成されるようです。

リポジトリ作成
ここからリポジトリ作成画面に移動します。 https://github.com/repositories/new
Project Nameに適当な名前を入力し、Creating Repository…を押下します。(今回は、「Test Project Name」)
残り2つのテキストボックスはオプションです。

Repositoriesの数値が増え、作成できていることを確認できます。
(Project Nameに半角スペースを入力した場合、ハイフンに置換されるようです。⇒Test-Project-Name)
また、リポジトリ作成後の手順が表示されます。

Global setup作業を完了しているので、Next stepsに進み、指示通りに実行します。

mkdir git
cd git && mkdir プロジェクト名
cd プロジェクト名
git init
touch README
git add README
git commit -m 'first commit'
git remote add origin git@github.com:アカウント/プロジェクト名.git
git push -u origin master

ホームはごちゃごちゃするので、gitディレクトリを作成後、実行するように変更しました。
プロジェクト名ディレクトリをgitのローカルbranchとし、
touchで空のREADMEを作成後、indexに追加し、ローカルにコミットします。
github(マスター)のindexに追加し、
最後にpushを実行すると、github(マスター)に反映されます。

githubにREADMEが追加され、コミットメッセージが表示されています。
ローカルでは、TortoiseGITで簡単に確認できました。 以上。