somemo programming etc.

プログラマ、雑記、プログラミング関係はLinkから、数式はこっちでまとめていることが多い

【PostgreSQL】インストールと接続

PostgreSQLのインストールと接続を行います。

 

インストール:

 下記URLからダウンロードします。

  バージョン:Installer version Version 8.4.8-1

  OS:Windows

  http://www.enterprisedb.com/products-services-training/pgdownload

 実行ファイルを起動します。途中で入力することは下記の3つです。

  ・パスワード

  ・ポート

  ・Locale(言語)

 

 あとは、進めていくだけでインストール完了です。

 完了後に、スタックビルダが起動します。

 便利なソフトのインストールができるようです。

  ODBC接続:

 ドライバインストール:

  下記URLからダウンロードします。

  http://www.postgresql.org/ftp/odbc/versions/msi/

  ダウンロードしたZIPファイルを展開し、インストーラを起動します。

  あとは、同意してインストールするだけです。

 設定手順

  1.Windowsの[スタート]→[コントロールパネル]→[管理ツール]→[データ ソース (ODBC)]をダブルクリックする。

  2.ユーザDNSタブの追加ボタンを押下する。

  3.データソースのドライバから、PostgreSQL Unicodeをダブルクリックする。

  4.各種設定を行う。

     データソース名:任意

     説明:任意

     サーバ名:DBサーバ(localhost)

     データベース名:使用するデータベース(postgres)

     Port:ポート(5432)

     ユーザ名: ユーザ名

     パスワード:パスワード

  5.テストボタンを押下し、接続テストを行います。

    ダイアログにConnection Successfulと表示されれば問題ありません。

  6.保存ボタンを押下する。

 

おまけ

黒猫SQL、A5m2、CSE(ODBC汎用)では、ODBC設定を利用することで簡単に接続できました。

CSE接続(DBMS選択PostgreSQL):

 設定:

  DBMSPostgreSQL

  ユーザ名:ユーザ名

  パスワード:パスワード

  サーバ名:DBサーバ(localhost)

  DB名:使用するデータベース(postgres)

  ポート番号:5432

  このまま接続するとエラーが発生します。

   エラー内容:データベース処理用ダイナミックリンクライブラリをロード時にエラーが発生しました。

   DBエラー詳細:「libpq.dll」ロード時にエラーが発生しました。      PostgreSQLに接続するには、「日本語Windows版 libpq.dll」が必要です。とCSEのHPに書いてありました。

 libpq.dllダウンロード:

  下記URLからダウンロードします。

   インターウィズ様 PostgreSQL関連情報ページ:http://www.interwiz.koganei.tokyo.jp/software/PostgreSQL/windows.html

  ダウンロードしたZIPファイルを展開し、libpq.dllを切り取ります。

  CSEのフォルダに移します。

  このまま接続すると、またエラーになります・・・

   エラー内容:データベース接続時にエラーが発生しました。

   DBエラー詳細:fe_sendauth: authentication type 5 not supported   認証がうまくいっていないようです。

 認証の変更:

 

参考:

http://www.ezms.net/guide/util/cse_trouble_20060728_001.html   

PostgreSQLインストールディレクトリ\data\pg_hba.conf」をテキストエディタなどで開きます。   

"METHOD"の指定を"md5"から"password"に変更し、保存します。   

CSEで再度、PostgreSQLに接続してみます。   

これで接続完了です。

 

以上。