somemo's diary

プログラマ、雑記、プログラミング関係はLinkから、数式はこっちでまとめていることが多い

Oracle Database 11.2 Express Edition Beta(Windows)

Oracle Database 11.2 Express Edition Betaが出たそうです。 10gとの違いはデータ量が11gに増えたことが一番です。 インストールして、実行してみたいと思います。 [インストール]  ダウンロードはこちらから  http://www.oracle.com/technetwork/database/express-edition/11gxe-beta-download-302519.html  インストール時の入力はsys・systemユーザのパスワードだけでした。 [DB起動]  コマンドプロンプトを起動し、下記コマンドを実行ます。   net start [SQL*PLUS]  コマンドプロンプトを起動し、下記コマンドを実行ます。   splplus /nolog  SQL*PLUSが実行されればOKです。  下記コマンドを実行し、DBに接続できればOKです。   connect / as sysdba   [TNSListener]  コマンドプロンプトを起動します。  下記コマンドを実行します。   net start OracleXETNSListener  または、下記コマンドを実行します。   lsnrctl start  SQL開発環境のCSEを用いて、アクセスできるか確認します。  設定は、「ORACLE_HOME\network\ADMIN」にあるtnsnames.oraを参照します。  tnsnames.oraのSERVICE_NAME=XEの接続文字列を使用します。 [ODBC]  1.[スタート]→[コントロールパネル]→[管理ツール]→[データ ソース (ODBC)]を選択します。  2.ODBCデータソースアドミニストレータのユーザDSNタブの追加ボタンを押下します。  3.データソースの新規作成から「Oracle in XE」を選択します。  4.Oracle ODBC Driver Configurationの各項目を入力します。    Data Source Name、Descripion:適当    TNSServiceName:tnsnames.oraのSERVICE_NAME    UserID:XEのユーザ(今回は、system)  5.Test Connectionボタンを押下します。  6.Passwordを入力し、OKボタンを押下時に出現するダイアログに「Connection successful」と出ればOKです。 以上